PHPフレームワーク

PHPフレームワーク、いろいろあるのでどんな時にどれを使うかを参考までにメモ。
とはいえ、3つくらいしか知らないので大した比較にはならないかも。

Laravel

数えられるレベルのテーブル数の場合はLaravelを。
テーブル数が10を超えてくるとそのままでは無理。
というのもLaravel考察で書いたようにEntity-Repsitory一体型にしてしまっているから。
それ以上になる場合はRepositoryを定義しないとついていけない。

あとめちゃくちゃ重いので、速さや軽量メモリを求めるものには使えないです。

Symfony

EntityとServiceという切り分け方で比較的使いやすい。
コメント内アノテーションでの管理と型意識があるのでjavaの人でも取っ掛かりがしやすい作り。
特にSAStrutsをしていた人にとっては親和性が他のFWよりも高い。
ただし、doctorineはそれなりにクセのあるORMなので使いづらいかも?
個人的にはEloquentのほうが使いにくいけどw

Laravelほどではないにせよ、重いので速さ軽さは期待しないほうが無難。

Codeigniter

PHPでこんなに速いのが存在するのかと驚いたFW
DIを辞めた場合の比較はしていないけど、速さだけで言うとSpringBootを凌ぎます。
中身をちゃんと触っていないのでこれと言ったコメントはできないものの、
PHPでAPIを作るときはCodeigniter一択にしてしまっていいでしょう。

まとめ

まとめると、数テーブルならLaravel、それ以上はSymfony。
APIを叩くのならCodeigniterを使えばいいと思います。
それぞれにクセがあるので一つずつ学習コストかけないといけないけどね…orz

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.